High school education

面接を突破すれば高校入試は怖いものなし|質問を脳トレしよう

理工系学部への進学

研究者分野から大学を選ぶ

大学生

大学進学を目指す人の中では、卒業後の就職に有利で高収入も期待できる職業の選択につながることから、理工系大学が根強い人気を集めています。
日本は科学やテクノロジーの分野で先進国に属しており、高度に発達を遂げた工業や医療分野から宇宙開発に至るまで世界をリードする存在です。
それらの各分野で活躍している優秀な人材の多くは、難関の入試を突破して国内の理工系大学で学んだ卒業生によって占められています。
理工系大学にも各校によって学部学科構成に違いが見られ、大学ごとに特色のある研究を行っているものです。
一般に理工系大学の学部は理学部系と工学部系に大きく分けられ、大学によっては他に医学部や歯学部・薬学部・農学部といった学部を設置している場合もあります。
このうち理学部では選択する専攻分野によって数学科や物理学科・生物学科といった学科が設定されており、生物化学・応用化学・地球科学に関する学科を設けている大学も少なくありません。
工学部の学科構成も大学によって多種多様な例が見られ、機械工学や電子工学から情報工学・建築工学・人間工学などが代表的な学科です。
現時点ではただ漠然と理工系大学への進学を希望しているという人でも、いずれは自分の専攻したい分野を見定めて受験する大学を決めなければなりません。
志望大学と学部を選択する際には、理工系大学に関する情報を紹介している進学情報誌のエフラボが役に立ちます。
エフラボには理工系大学に所属する研究者とその研究内容が詳細に掲載されており、インターネットにも情報誌の内容に基づいた進学情報特設サイトが公開されています。
理工系大学にも多くの種類があるため志望先の選択に迷っているという人も、エフラボの情報を参考にして各大学の研究分野を把握すれば決めやすくなるものです。
WEB版のエフラボには各理工系大学の詳しい学部学科構成や就職実績なども教授インタビューとともに紹介されています。

興味を知るきっかけに最適

大学生

理工系大学専門の進学サイトのエフラボは自身が興味を持って、専門的に学んでいきたいジャンルは何なのかというのをより具体的に突き詰めていくのに最適なサイトです。
将来のビジョンをはっきりと持っている学生の場合、具体的にどの様なジャンルの学校、学部に通い、どの様な研究を行って行くかまでをイメージしていますが、漠然と理系に進むという事しか決めていない学生の場合は理学系なのか工学系なのかすらイメージ出来ていないケースがあります。
実際には後者の漠然としたイメージしか持っていない学生が多く、偏差値や知名度から大学選びを行っているのが実情なのです。
エフラボはその様な偏差値や知名度だけで大学を選ぶのではなく、中身をしっかりと見て大学を選んで貰いたいという思いでサイトが作られています。
大学の教員の方がどの様な思いを持って、研究を行っているのか、実際にどの様な研究を行っているのかを掲載する事で具体的な学びのイメージや研究のイメージを作る事が可能となっています。
普段は入る事が出来ない研究室の内部や教員の方の素顔などを知る事が出来るので、研究室とは縁遠い高校生にとっても、大学、そして研究室がより身近な存在になると言えるでしょう。
また、エフラボの様々な分野の記事を見る事で、各分野の専門家の考え方や研究内容に触れられるので、自身の潜在化していた興味に気づくきっかけになるかもしれません。
この様に独自のコンテンツが充実しているエフラボは進路を本気で考えたいという学生は必見のサイトです。

リアルな姿が見えるサイト

女性

理工系大学の選び方に悩んでいる学生必見のサイトと言えるのがエフラボです。
エフラボは大学の教員、研究室という視点から大学を紹介しており、設備や就職先などを掲載している各大学のサイトや進学サイトとは全く異なるコンセプトを持ったサイトとなっています。
理工系大学は各分野の専門性が高い為、イメージが付きやすい分野に目が行きがちになり、本当にやりたい事に高校時代に気づけないケースがあります。
エフラボではそのようなミスマッチを解消するべく、理工系の各分野において、どの教員が、どのような形で、どのような研究を行っているのかを掲載する事で、リアルな研究室の姿を学生に紹介しています。
こんな先生のもとで学んでみたいというイメージを湧かせる事が出来るので、多くの人にとって大学選びを行う上での大きな参考要素となるでしょう。
また、大学の教員以外にも各大学、各研究室を卒業して、各分野で活躍している方のインタビューなども掲載されており、学校選びの際のポイントやどのような考え方を持っているかなども知る事が出来ます。
高校生活だけでは方向性や価値観が固定化されがちですが、エフラボの教員紹介ページや業界で活躍する人のインタビュー記事をチェックする事で様々な可能性を追求するきっかけになると言えるでしょう。
進路を漠然と考えている方はもちろん、進むべき進路を決めているという方も積極的に活用して、大学での充実した学びに結び付けていきましょう。